電子カルテな blogこのブログは株式会社アイソル・株式会社ハイブリッドが運営しています。

http://www.ai-sol.jp
http://www.hybrid-jp.com

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
オンライン請求義務化省令改正案のパブリックコメント 22:10
0
    平成21年10月
    厚生労働省保険局総務課保険システム高度化推進室
    レセプトオンライン請求に関する省令改正及び告示(案)について

    趣旨
    平成23年度から原則オンライン化するという方針は維持しつつも、小規模・高齢などの理由によりオンライン請求が困難である医療機関、薬局に対し配慮する観点から、請求省令(※1)を改正し、オンライン請求義務化の例外措置等を定めるもの。
    省令案の概要
    レセプト件数が少なく、かつ手書きで診療報酬請求を行う医療機関・薬局について、オンライン請求義務を免除する。
    医科医療機関は年間3600 件以下
    【第4条(療養の給付費等の請求の特例)を新設】
    <理由>
    レセプト件数が少ない保険医療機関等は、継続的に費用対効果が見合わないものであると考えられるため。
    平成21年10月
    厚生労働省保険局総務課保険システム高度化推進室
    常勤の医師・歯科医師・薬剤師がすべて高齢者(65 歳以上(※))の診療所・薬局(その時点(※)で既に電子レセプトによる請求が可能な診療所・薬局を除く。)について、オンライン請求義務を免除する。
    ※ 本省令による改正前の請求省令に規定する義務化期限到来時点で判断。
    【第4条(療養の給付費等の請求の特例)を新設】
    <理由>
    現在、電子レセプトによる請求を行っていない高齢の医師・歯科医師・薬剤師は、レセプトコンピュータ(レセコン)操作に不慣れであると考えられるため。
    電子レセプトに対応していないレセコンのリース期間又は減価償却期間(リース期間等)が終わるまでの間の医療機関について、オンライン請求義務を猶予する。(最大で平成26 年度末まで)
    ※ 平成21 年4 月以降新たにレセコンをリース又は購入した医療機関を除く。
    ※ 本来ならば平成21 年4 月に義務化期限が到来していたが、本年5 月の請求省令の改正により義務化期限が猶予された病院・薬局については対象外。(ただし、義務化期限が猶予された薬局のうち年間請求件数が1200 件以下のものは、リース期間等の終了時まで(最大で平成22 年度末まで)猶予する。)
    【附則第4条第1項の改正】
    <理由>
    医療機関等が、レセコンの入替えに併せて円滑に対応できるようにするため。
    オンライン請求を行うことが困難な個別の事情がある医療機関等について、例外的に書面又は光ディスク等による請求が認められるが、その事情を以下(ア)〜(カ)のとおり明確化する。
    (ア)電気通信回線設備の機能に障害が生じたもの
    (イ)レセプトコンピュータ販売業者、通信回線業者等と契約済みであるが、納入・工事等の対応が遅れたもの
    (ウ)電子媒体で請求可能な医療機関であって代行送信の体制が整っていないもの
    (エ)改築工事中、又は仮の施設で営業中であるもの
    (オ)概ね1年以内に廃止又は休止の計画を定めているもの
    (カ)その他特に困難な事情があると認められるもの
    ※ 以上の(ア)から(カ)に該当する医療機関等は、請求の日の前までに審査支払機関に届け出るものとする。ただし、(ア)、(イ)又は(カ)については、やむを得な平成21年10月厚生労働省保険局総務課保険システム高度化推進室い事情がある場合は事後において速やかに届出を行えば足りる。
    【附則第4条第4項の改正】
    <理由>
    原則として事前に届出を行うことにより、オンライン請求が困難な事情がある医療機関等については、書面等により請求を行っても診療報酬が支払われるようにするため。
    平成22 年4月診療分からオンライン化に移行することとされている医科診療所等について、同年7 月診療分(8 月10 日請求分)からオンライン請求とする。
    【附則第4条第1項の改正】
    <理由>
    これらの対象機関がオンライン期限を迎える前に、本省令において決定する,らい領祿袷蔀崚を十分に周知する必要があるため。
    ,らイ硫正に伴い、条項の移動など所要の改正を行う。
    [根拠規定] 健康保険法第76条第6項
    (2)療養の給付及び公費負担医療に関する費用の請求に関する省令附則第4条第2項に規定する厚生労働大臣が定める日を定める告示(案)
    (仮称)の概要
    請求省令附則第4条第2項(※1)に規定する厚生労働大臣が定める日を平成21 年11 月30 日(※2)とする。
    ※1 現行の請求省令附則第4条第3項。(1)の改正により移動する予定。
    ※2 オンライン請求の期限を猶予されていた保険医療機関等は、本年12 月診療分からオンラインにより診療報酬・調剤報酬請求することとなり、したがってオンラインによる初回の請求期限は1 月10 日となる。
    [根拠規定]
    療養の給付及び公費負担医療に関する費用の請求に関する省令附則第4条第2項((1)の改正により同条第3項が同条第2項に移動する予定。)
    3 施行期日
    本年11 月上旬


    下記サイトにて、電子カルテAI・CLINICの素晴らしさをご確認下さい!

    株式会社アイソル

    | お知らせ | - | - | posted by hybrid-jp -
    電子カルテシステム 営業 募集 20:14
    0
      21世紀は、グローバルなビジネスモデル競争の時代。
      医療という大きなフィールドにおいて、新しい価値観を創造し、自己実現していく人材、また医療業界を変えてみようという気概に溢れた人材を求めています。

      当社では現在販売エリア拡充につき、電子カルテ等の医療システムを病院・診療所に提案できる出来る営業マングッドを募集中です。

      また、未経験者も歓迎です。(30歳位まで)
      (大阪/東京)



      下記のような人材を募集中です。

      ・ハングリーでチャレンジング、高い目標
      ・フットワークがよく、頑張りがきく
      ・戦略的思考が出来る、企画力がある
      ・聞き上手
      ・カスタマーマインド・顧客志向・誠実さ
      ・チームプレーヤー(組織の壁にこだわらない、他人の業績を喜べる)
      ・変革志向、新しい視点、発想、アイディア
      ・スピード思考・行動、限られた情報でも正しい判断が出来る
      ・コンピュータ・インターネットが好き

      新卒者向け、キャリア向け採用情報はこちらから↓

      http://www.ai-sol.jp/recruit/index.html


      下記サイトにて、電子カルテAI・CLINICの素晴らしさをご確認下さい!

      株式会社アイソル

      | お知らせ | - | - | posted by hybrid-jp -
      医療IT総合展示会 in 福岡 21:56
      0
        ◆今話題のレセコン・電子カルテ総合展示会◆in 福岡

        KKRホテル博多2Fスピカの間で展示会とセミナーを開催します。

        総合展示会ではレセコンでは完全に普及期に入った『日医標準レセプトソフト』ORCA、また診療所向け電子カルテでは完全一体型を実現し、操作性に優れた『AI・CLINIC』を展示しています。

        セミナーは15:00〜16:00に『医療業界の動向と医療機関の戦略的方向性』と題し、2008年度に打つべき対策を医療制度改定の方向性を踏まえながら解説します。

        日時:2008年5月22日(木) 13:00〜18:00

        主催:株式会社アイソル
           株式会社医療情報システム
           日興通信株式会社

        場所:KKRホテル博多2F スピカの間
           〒810-0022 福岡市中央区薬院4丁目21-1 

        【総合展示会】
          一体型電子カルテ   AI・CLINIC
          日医標準レセプト   ORCA
          富士通レセコン    HOPE/SX−J
          画像ファイリング   Claio

          富士通電子カルテ  HOPE/EGMAIN-EX
          精神科向け電子カルテ Alpha

             ・・・その他画像ファイリング等 全12社


        ご来場お待ちしています。

        詳細はこちらをクリック
             ↓
        http://www.ai-sol.jp/iryoit_080216.pdf 

        下記サイトにて、電子カルテAI・CLINICの素晴らしさをご確認下さい!

        株式会社アイソル

        | お知らせ | - | - | posted by hybrid-jp -
        採用情報! 00:36
        0
          21世紀は、グローバルなビジネスモデル競争の時代。
          医療という大きなフィールドにおいて、新しい価値観を創造し、自己実現していく人材、また医療業界を変えてみようという気概に溢れた人材を求めています。

          当社では現在販売エリア拡充につき、電子カルテ『AI・CLINIC』の
          出来る営業マングッド&医療事務を熟知した可愛い(美人も可)インストラクターを募集中です。


          (大阪/東京/福岡)



          下記のような人材を募集中です。

          ・ハングリーでチャレンジング、高い目標
          ・フットワークがよく、頑張りがきく
          ・戦略的思考が出来る、企画力がある
          ・聞き上手
          ・カスタマーマインド・顧客志向・誠実さ
          ・チームプレーヤー(組織の壁にこだわらない、他人の業績を喜べる)
          ・変革志向、新しい視点、発想、アイディア
          ・スピード思考・行動、限られた情報でも正しい判断が出来る
          ・コンピュータ・インターネットが好き

          新卒者向け、キャリア向け採用情報はこちらから↓

          http://www.ai-sol.jp/recruit/index.html


          下記サイトにて、電子カルテAI・CLINICの素晴らしさをご確認下さい!

          株式会社アイソル

          | お知らせ | - | - | posted by hybrid-jp -
          医療IT総合展示会 in 神戸 11:20
          0
            2月16日(土)に神戸で医療IT総合展示会を開催します。

            今話題の電子カルテ・レセコンを一堂に集めた展示会で、当日はNTT回線申込みコーナーも設け、レセプト電算・オンライン請求の導入相談にも応じます。



            【医療IT総合展示会】

            2008年2月16日(土)13:00-18:30
            クラウンプラザ神戸9F リンデン
            (旧 新神戸オリエンタルホテル)

            主催:株式会社アイソル   http://www.ai-sol.jp
                株式会社ハイブリット http://www.hybrid-jp.com

            協賛:株式会社 日本医学臨床検査研究所
                株式会社 レセデンドットコム
                シーアイシーデータ株式会社

            ◆レセプト電算&オンライン請求◆

            ◆導入相談無料実施◆

             面倒な回線手続、いつ頃導入すればいいいのか等の疑問に全てお答え致します。お気軽にご参加頂き、今後の対策にご活用ください。

             <総合展示会>

             一体型電子カルテ  AI・CLINIC

             検歴&簡易画像システム PLANET-Elite

             日医標準レセプト  ORCA

             富士通レセコン   HOPE/SX-J




            ご来場お待ちしています。

            詳細はこちらをクリック
                 ↓
            http://www.ai-sol.jp/iryoit_080216.pdf 

            下記サイトにて、電子カルテAI・CLINICの素晴らしさをご確認下さい!

            株式会社アイソル

            | お知らせ | - | - | posted by hybrid-jp -
            ◆今話題のレセコン・電子カルテ総合展示会◆in 福岡 19:56
            0
              【セミナースケジュール】

              14:00〜15:00 
              『レセプトオンライン化を見据えた 診療所向け電子カルテ選び』
               講師:MEDiPlaza福岡・アドバイザー 太田 昇蔵氏

              15:30〜16:30
              『どうなる?特定健診?!〜制度概要と商品説明〜』
               講師:NTT PCコミュニケーションズ 商品企画課部長 成松 亮氏
               
              ※席に限りがございますので、事前にお申込み(参加人数・医療機関名・TEL)を以下のメールアドレスにお願いいたします。定員になり次第締切らさせて頂きますのでご了承ください。

              【総合展示会】

              2008年1月27日(日)11:00〜17:00
                一体型電子カルテ   AI・CLINIC
                日医標準レセプト   ORCA
                富士通レセコン    HOPE/SX−J
                特定健診・保健指導ソフト CHECK-UPS
                画像ファイリング    Claio



              ご来場お待ちしています。

              詳細はこちらをクリック
                   ↓
              http://www.ai-sol.jp/fukuoka.pdf 

              下記サイトにて、電子カルテAI・CLINICの素晴らしさをご確認下さい!

              株式会社アイソル

              | お知らせ | - | - | posted by hybrid-jp -
              「医療ITフェア」 へのAI・CLINIC出展 10:11
              0
                2008年1月19日(土)に開催されま大阪府保険医協会・協同組合主催の第4回 医療ITフェアへAIクリニックを出展します。
                 <展示内容>電子カルテ及びPLANETElite 検体ラベル発行機能等

                ------(以下 大阪府保険医協同組合HPより抜粋)------

                初めてレセコン導入する先生、買い替えでお悩みの先生方へ
                 2008年1月19日(土)に第4回新春「医療ITフェア」を開催します。今回はレセコンと電子カルテメーカーを厳選し、各社メーカー毎に会場を設けました。

                ■2011年度からレセプトオンライン請求義務化など、公的医療費抑制のための医療IT化が推し進められようとしています。

                ■保険医協会では、強制されるオンライン請求化に反対する一方で、医院の近代化の一環としてIT導入検討の参考にしていただければと、新年早々の企画「新春・第4回『医療ITフェア』」を開催致します。

                ■今回はレセプトコンピューターと電子カルテメーカーを厳選し、各社メーカー毎に会場を設けました。

                ■説明会、デモと展示販売を行います。

                ■出展メーカーは以下の各社です。サンヨー・富士通・日医標準レセプトソフト「ORCA」・日本臨床電子カルテ「AIクリニック」・ダイナミクス

                ■「レセプトチェッカー」(電子レセプト病名点検ソフト)もデモ・販売します。

                ■お気軽にご参加いただけます。是非、ご活用下さい。

                日時 2008年1月19日(土)14時〜18時

                会場 保険医協会会館2階・5階会議室(大阪市浪速区幸町1-2-33、TEL 06-6568-2741)
                    http://e-mdc.jp/kumiai/access.html

                主催
                 保険医協会・情報委員会(TEL: 06-6568-7721、担当 岸岡/戸阪/橋本)     
                 保険医協同組合(TEL:06-6568-2741、担当 村上)


                下記サイトにて、電子カルテAI・CLINICの素晴らしさをご確認下さい!

                株式会社アイソル



                | お知らせ | - | - | posted by hybrid-jp -
                平成20年度税制改正(医療のIT化の推進) 12:19
                0
                  厚生労働省は14日、平成20年度税制改正の概要を公表した。

                  IT関係では、情報基盤強化税制の延長及び拡充として、医療機関等が、レセプト電算処理やレセプトのオンライン請求の実施のためのソフトウェア、ハードウェアを取得した場合に、その取得価額の7%の税額控除又は35%の特別償却を認める特例措置については、資本金の額又は出資金の額が1億円以下の法人等について、取得価額の最低限度を70万円(現行300万円)以上に引き下げるとともにソフトウェアの追加等の対象設備の見直し等を行った上で、適用期限を2年間延長することとされた。


                  下記サイトにて、電子カルテAI・CLINICの素晴らしさをご確認下さい!

                  株式会社アイソル


                  | お知らせ | - | - | posted by hybrid-jp -
                  戦略的患者管理システム 03:37
                  0
                    当社の一体型電子カルテ『AI・CLINIC』では他院との差別化を図る為の戦略ツールとして、戦略的患者管理システムをリリースします。
                    患者基本情報・所見・オーダー情報は勿論の事、検査結果まですべて一元管理出来ます。患者様へのきめ細やかな対応を実現します。

                    各診療科において使用用途は様々ですが、今後の医院経営・増患対策等においては必須ツールとなると思われます。

                    下記項目から複合的検索条件により、該当患者様をエクセル出力が可能です。(市販ソフトにインポートすればDM宛名印刷も可能です。)

                    患者様の来院動機・疾病分類・診療圏など独自に医院毎に分類設定が可能です。患者様の来院情報や病名、所見内の文言、投薬・検査等のオーダー情報、検査数値情報等との組み合わせによるより絞り込んだ患者様に対して戦略的にリコール等が可能です。
                    (検査数値に関しては正常値より高い人等の指定が可能です)


                    多分、現在40以上ある診療所向け電子カルテでは当社AI・CLINICのみの機能です拍手


                    下記サイトにて、電子カルテAI・CLINICの素晴らしさをご確認下さい!

                    株式会社アイソル

                    | お知らせ | - | - | posted by hybrid-jp -
                    75歳以上に「主治医」制度 診療報酬骨子まとまる。 01:07
                    0
                      来年4月に発足予定の75歳以上の後期高齢者向け医療保険について、社会保障審議会の特別部会は4日、独自の診療報酬体系の骨子をまとめた。治療が長期化したり、複数の病気にかかったりしていることが多い75歳以上の特性を踏まえ、患者の心身を総合的に診る「主治医」制の導入や、退院後の生活を見越した入院治療計画作り、在宅医療での介護・福祉との連携などを盛り込んだ。

                       今後、厚生労働相の諮問機関である中央社会保険医療協議会(中医協)で診療報酬の具体的な内容や単価の検討に入る。

                       06年の医療改革で、75歳以上は国民健康保険など、従来の医療保険とは別の新たな公的保険に加入し、診療報酬体系も別建てにすることが決まっている。

                       最大の目玉は、外来医療における「主治医」制の導入。
                      (1)患者の病歴や他の医療機関での受診状況を把握する
                      (2)患者の状態を年に1回程度総合的に評価する
                      (3)専門治療が必要な時には医療機関を紹介する、などの条件を満たした   場合、その医師に対する診療報酬を手厚くする。

                       患者一人ひとりが信頼できる医師を持つことで、複数の医療機関を渡り歩いて検査や投薬が重複することを防いだり、外来医療から入院、在宅療養へ移ることをスムーズにしたりする狙いだ。ただし、すべての高齢者に主治医を持つことを義務づけるわけではなく、どの医師を選ぶかも患者の意思に委ねられる。

                       主治医としての診療報酬は、患者が何回受診しても同額となる「定額制」を導入する見通しだ。

                                      2007年10月05日06時27分 asahi.comより


                      下記サイトにて、電子カルテAI・CLINICの素晴らしさをご確認下さい!

                      株式会社アイソル

                      | お知らせ | - | - | posted by hybrid-jp -
                      << | 2/4 | >>