電子カルテな blogこのブログは株式会社アイソル・株式会社ハイブリッドが運営しています。

http://www.ai-sol.jp
http://www.hybrid-jp.com

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
iPadが使える電子カルテ。その3 12:43
0
    指示箋もiPadで完全ペーパーレス。

    医師がオーダーした内容は各室のiPadへ転送。
    今までは膨大な紙が出力されていましたが、iPadでエコを実現。

    最新オーダーは電子マネーEDYの『シャリーン♪』と音でお知らせ。

    iPadの遣い方がどんどん広がっていきます。




    下記サイトにて、電子カルテAI・CLINICの素晴らしさをご確認下さい!

    株式会社アイソル

    | お知らせ | - | - | posted by hybrid-jp -
    iPadでひろがる電子カルテの可能性 01:03
    0
      iPadでひろがる電子カルテの可能性
      【大阪会場】

      ☆★☆講義概要☆★☆

      今年5月にアップル社のタブレットPC「iPad」が発売されて以来、メディプラザに来場されるドクターから「iPadとつながる電子カルテはありますか?」といったご質問を多数いただいております。
      そこでメディプラザでは、医療分野において、iPadがどのようなシーンで活用できるかを実際の電子カルテとの連動事例にもとづき解説いたします。iPadと電子カルテの連携や、それによって広がる電子カルテの可能性・将来性に興味を持たれましたら、この機会に是非ご参加ください。

      ☆★☆内容☆★☆

      ・医療分野におけるモバイル端末活用の変遷
      ・医療分野でのiPadの活用シーン
      ・iPadと電子カルテの連動事例(問診システムなど)
      ・iPadで広がる電子カルテ

      ☆★☆詳細☆★☆

      日時 2010年9月23日(木・祝)14:00〜15:30(受付13:30)
      場所 メディプラザ大阪セミナールーム
      (大阪府豊中市寺内2-4-1 緑地駅ビル6F)  
      【北大阪急行線】緑地公園駅上(駅ビル直結)
      参加費 無料
      対象 医療従事者(企業の方はご参加いただけません)


      ☆★☆出展商品☆★☆
      iPadが使える電子カルテ AI・CLINIC
      http://www.aicl.info/



      下記サイトにて、電子カルテAI・CLINICの素晴らしさをご確認下さい!
      株式会社ハイブリッド

      | お知らせ | - | - | posted by hybrid-jp -
      「メディセオ医療機器フェア 2010 in 関西」に出展 18:12
      0
        株式会社メディセオ様主催の下記のイベントに『iPadが使える電子カルテAI・CLINIC』を出展いたします。
        多くの医療関係の皆様のご来場をお待ちしております。

        ■イベント名
        メディセオ医療機器フェア 2010 in 関西

        ■展示日時
        2010年9月11日(土) 11:00〜19:00 (最終ご入場 18:00)
        2010年9月12日(日) 10:00〜17:00 (最終ご入場 16:00)

        ■展示会場
        グランキューブ大阪(大阪国際会議場) 3F イベントホール
        〒530-0005 大阪市北区中之島5丁目3−51

        京阪電車中之島線「中之島(大阪国際会議場)駅」(2番出口すぐ)
        http://www.gco.co.jp/

        ■出展商品
        iPadが使える電子カルテ AI・CLINIC
        http://www.aicl.info/

        電子レセプトチェックシステム レセチェッくん
        http://www.rezeden.com/



        下記サイトにて、電子カルテAI・CLINICの素晴らしさをご確認下さい!
        株式会社ハイブリッド

        | お知らせ | - | - | posted by hybrid-jp -
        iPadが使える電子カルテ。その2 13:09
        0
          iPadでカルテを持出し。そして閲覧 !!

          こんな遣い方が可能です。

          往診時、往診患者さんのみ指定してiPadにカルテ転送。往診先で手軽に閲覧! 
          自宅に居る時、患者さんからの緊急の問合せに、すぐに閲覧! 

                          




          下記サイトにて、電子カルテAI・CLINICの素晴らしさをご確認下さい!

          株式会社アイソル

          | お知らせ | - | - | posted by hybrid-jp -
          iPadが使える電子カルテ。 16:50
          0
            ソフトバンクの孫正義さんが「光の道」で電子教科書や電子カルテについて熱く語っていた。

            iPad自体が電子カルテ端末となり、クラウドコンピューティングとして利用されるのは夢のまた夢の話。



            でもiPadは素晴らしいデバイスであるのは間違いない。

            この素晴らしいデバイスをうまく電子カルテで使用できれば・・・
            と、考えたのがこんな使い方。

            例えば院内の待合にて赤ちゃんを抱えたお母さんや、足の悪いお年寄りに寄り沿って、看護師さんがiPadで問診を行う。
            また、往診等にてiPadを医師が抱えて持ち回りバイタルや所見をテンプレートから入力する。
            入力結果は院内の電子カルテサーバーに無線を通して、該当患者のカルテに自動で、もしくは確認の上で取り込まれる。

            AI・CLINICで可能にしました拍手




            下記サイトにて、電子カルテAI・CLINICの素晴らしさをご確認下さい!

            株式会社アイソル

            | お知らせ | - | - | posted by hybrid-jp -
            レセプトチェックソフト 14:01
            0


              社会保険診療報酬支払基金は、内部に設置した「今後の審査委員会のあり方に関する検討会」がまとめた報告書を公表した。

              レセプト電子請求に関しては、医薬品の添付文書情報に基づくシステムチェック、手術や検査が妥当と認められる傷病名のシステムチェック、
              また、調剤と処方せん発行医療機関のレセプトを患者単位で紐付けした突合審査の実施などの措置が必要としています。



              今後、病医院側においては自衛策として、またレセプト点検時の負担軽減として、院内レセプトチェックシステム導入が必要となります。


              下記サイトにて、電子カルテAI・CLINICの素晴らしさをご確認下さい!

              株式会社アイソル

              | お知らせ | - | - | posted by hybrid-jp -
              電子請求助成金セミナー&システム展示会を大阪で開催。 02:21
              0
                12月20日(日)ヒルトン大阪にて
                「電子請求助成金セミナー&システム展示会」を開催します。


                11月27日に厚生労働省は、電子レセプトの普及を目的に、レセコンの購入、買い換え、ソフトウェア導入について、「最大50万円」を補助することを発表しました。
                これにより、5月に国会で法案が成立しながら、なかなか実現しなかったレセプトオンラインの補正予算196億円が、内容を大幅に拡大してついに実施されることとなります。
                この助成金は、予定額に到達次第打ち切られることになっており、迅速な情報収集と正確な内容理解が求められます。

                そこで、私ども株式会社アイソルは、この助成事業の詳細を解説するセミナーを緊急開催いたします。
                また当日は、当日は電子レセプトチェックソフト、日医標準レセプトソフト、電子カルテAI・CLINIC、画像ファイリング等を展示しております。

                皆さま、この機会に是非ご参加ください。


                下記サイトにて、電子カルテAI・CLINICの素晴らしさをご確認下さい!

                株式会社アイソル

                | お知らせ | - | - | posted by hybrid-jp -
                オンライン請求義務化省令改正案のパブリックコメント 22:10
                0
                  平成21年10月
                  厚生労働省保険局総務課保険システム高度化推進室
                  レセプトオンライン請求に関する省令改正及び告示(案)について

                  趣旨
                  平成23年度から原則オンライン化するという方針は維持しつつも、小規模・高齢などの理由によりオンライン請求が困難である医療機関、薬局に対し配慮する観点から、請求省令(※1)を改正し、オンライン請求義務化の例外措置等を定めるもの。
                  省令案の概要
                  レセプト件数が少なく、かつ手書きで診療報酬請求を行う医療機関・薬局について、オンライン請求義務を免除する。
                  医科医療機関は年間3600 件以下
                  【第4条(療養の給付費等の請求の特例)を新設】
                  <理由>
                  レセプト件数が少ない保険医療機関等は、継続的に費用対効果が見合わないものであると考えられるため。
                  平成21年10月
                  厚生労働省保険局総務課保険システム高度化推進室
                  常勤の医師・歯科医師・薬剤師がすべて高齢者(65 歳以上(※))の診療所・薬局(その時点(※)で既に電子レセプトによる請求が可能な診療所・薬局を除く。)について、オンライン請求義務を免除する。
                  ※ 本省令による改正前の請求省令に規定する義務化期限到来時点で判断。
                  【第4条(療養の給付費等の請求の特例)を新設】
                  <理由>
                  現在、電子レセプトによる請求を行っていない高齢の医師・歯科医師・薬剤師は、レセプトコンピュータ(レセコン)操作に不慣れであると考えられるため。
                  電子レセプトに対応していないレセコンのリース期間又は減価償却期間(リース期間等)が終わるまでの間の医療機関について、オンライン請求義務を猶予する。(最大で平成26 年度末まで)
                  ※ 平成21 年4 月以降新たにレセコンをリース又は購入した医療機関を除く。
                  ※ 本来ならば平成21 年4 月に義務化期限が到来していたが、本年5 月の請求省令の改正により義務化期限が猶予された病院・薬局については対象外。(ただし、義務化期限が猶予された薬局のうち年間請求件数が1200 件以下のものは、リース期間等の終了時まで(最大で平成22 年度末まで)猶予する。)
                  【附則第4条第1項の改正】
                  <理由>
                  医療機関等が、レセコンの入替えに併せて円滑に対応できるようにするため。
                  オンライン請求を行うことが困難な個別の事情がある医療機関等について、例外的に書面又は光ディスク等による請求が認められるが、その事情を以下(ア)〜(カ)のとおり明確化する。
                  (ア)電気通信回線設備の機能に障害が生じたもの
                  (イ)レセプトコンピュータ販売業者、通信回線業者等と契約済みであるが、納入・工事等の対応が遅れたもの
                  (ウ)電子媒体で請求可能な医療機関であって代行送信の体制が整っていないもの
                  (エ)改築工事中、又は仮の施設で営業中であるもの
                  (オ)概ね1年以内に廃止又は休止の計画を定めているもの
                  (カ)その他特に困難な事情があると認められるもの
                  ※ 以上の(ア)から(カ)に該当する医療機関等は、請求の日の前までに審査支払機関に届け出るものとする。ただし、(ア)、(イ)又は(カ)については、やむを得な平成21年10月厚生労働省保険局総務課保険システム高度化推進室い事情がある場合は事後において速やかに届出を行えば足りる。
                  【附則第4条第4項の改正】
                  <理由>
                  原則として事前に届出を行うことにより、オンライン請求が困難な事情がある医療機関等については、書面等により請求を行っても診療報酬が支払われるようにするため。
                  平成22 年4月診療分からオンライン化に移行することとされている医科診療所等について、同年7 月診療分(8 月10 日請求分)からオンライン請求とする。
                  【附則第4条第1項の改正】
                  <理由>
                  これらの対象機関がオンライン期限を迎える前に、本省令において決定する,らい領祿袷蔀崚を十分に周知する必要があるため。
                  ,らイ硫正に伴い、条項の移動など所要の改正を行う。
                  [根拠規定] 健康保険法第76条第6項
                  (2)療養の給付及び公費負担医療に関する費用の請求に関する省令附則第4条第2項に規定する厚生労働大臣が定める日を定める告示(案)
                  (仮称)の概要
                  請求省令附則第4条第2項(※1)に規定する厚生労働大臣が定める日を平成21 年11 月30 日(※2)とする。
                  ※1 現行の請求省令附則第4条第3項。(1)の改正により移動する予定。
                  ※2 オンライン請求の期限を猶予されていた保険医療機関等は、本年12 月診療分からオンラインにより診療報酬・調剤報酬請求することとなり、したがってオンラインによる初回の請求期限は1 月10 日となる。
                  [根拠規定]
                  療養の給付及び公費負担医療に関する費用の請求に関する省令附則第4条第2項((1)の改正により同条第3項が同条第2項に移動する予定。)
                  3 施行期日
                  本年11 月上旬


                  下記サイトにて、電子カルテAI・CLINICの素晴らしさをご確認下さい!

                  株式会社アイソル

                  | お知らせ | - | - | posted by hybrid-jp -
                  電子カルテシステム 営業 募集 20:14
                  0
                    21世紀は、グローバルなビジネスモデル競争の時代。
                    医療という大きなフィールドにおいて、新しい価値観を創造し、自己実現していく人材、また医療業界を変えてみようという気概に溢れた人材を求めています。

                    当社では現在販売エリア拡充につき、電子カルテ等の医療システムを病院・診療所に提案できる出来る営業マングッドを募集中です。

                    また、未経験者も歓迎です。(30歳位まで)
                    (大阪/東京)



                    下記のような人材を募集中です。

                    ・ハングリーでチャレンジング、高い目標
                    ・フットワークがよく、頑張りがきく
                    ・戦略的思考が出来る、企画力がある
                    ・聞き上手
                    ・カスタマーマインド・顧客志向・誠実さ
                    ・チームプレーヤー(組織の壁にこだわらない、他人の業績を喜べる)
                    ・変革志向、新しい視点、発想、アイディア
                    ・スピード思考・行動、限られた情報でも正しい判断が出来る
                    ・コンピュータ・インターネットが好き

                    新卒者向け、キャリア向け採用情報はこちらから↓

                    http://www.ai-sol.jp/recruit/index.html


                    下記サイトにて、電子カルテAI・CLINICの素晴らしさをご確認下さい!

                    株式会社アイソル

                    | お知らせ | - | - | posted by hybrid-jp -
                    レセプトのオンライン請求、1年先送り可能に 厚労省が検討 16:25
                    0
                       今月から薬局や400床未満の医療機関で義務化されるレセプト(診療報酬明細書)のオンライン請求について、厚生労働省が1年間先送りできる省令案を検討していることが20日、分かった。3月末の閣議決定を“骨抜き”にする内容だが、同省は「オンライン請求の準備が間に合わない薬局や医療機関が予想以上に多い」と説明している。

                       政府が3月末に閣議決定した「規制改革推進3カ年計画」ではレセプトのオンライン請求の完全義務化は2011年度から実施予定。段階的に実施しており、現行省令では昨年度は400床以上の病院、今年度はすでにレセプト作成を電子化している400床未満の医療機関と薬局が義務化の対象だった。


                      下記サイトにて、電子カルテAI・CLINICの素晴らしさをご確認下さい!

                      株式会社アイソル


                      | よくあるご質問&お知らせ | - | - | posted by hybrid-jp -
                      << | 2/17 | >>